トイレ詰まり発生!より手間をかけずに詰まりを解消する方法

できる限り手軽にトイレ詰まりを直したい!

トイレの利用状況は人それぞれでしょうが、多かれ少なかれ人は必ずどこかでトイレ詰まりに見舞われます。その際、何らかの方法で詰まりを改善する方法を講じなければなりませんが、専門の修理業者であろうと、やはり他人に汚れたトイレを見せることは恥ずかしいですし、何とか自分の手で改善できないかと思うものです。また、更にトイレを汚す事態も避けたいところですので、とにかく手間をかけずに詰まりを改善したいというのが人情でしょう。

まずはお湯を注いで放置してみる

詰まったトイレの利用頻度を調整できる場合は、放置してみるのも一つの手段です。トイレ詰まりとは、便器の内部の複雑な排水経路上にトイレットペーパーや汚物が塊となって道を塞いでいる状況です。時間をかけることで水がこの塊を溶かしていき、結果詰まりが解消される場合があります。また便器の水位が下がっている場合は、お湯を注ぐことで詰まっている塊を溶解させる効果を高めることができます。この際、熱湯だと便器を破損する可能性があるため、温度を抑えたぬるま湯に留めておくようにしましょう。

いよいよ詰まりが解消されない場合はラバーカップで

放置しても詰まり改善されない場合は、いよいよラバーカップを使用しましょう。ラバーカップは水中で使用しなければ効果が無いため、便器の水が足りない場合は水位を確保しておき、また飛散防止の措置を講じておきましょう。また、ラバーカップで詰まりを押し込むように水を送り出してしまうと、より状況を悪化させてしまいます。ラバーカップは詰まりにかかる圧力を下げるように、手前に引っ張って引き戻すように使用するのが正解です。

水道工事を実施する際は、給水配管のルートを確認して断水になる箇所を押さえておき、工事中は断水することを連絡しておくことが重要です。