「営業代行」について詳しく知りたい!という方必見!!!

そもそも「営業」とは?

そもそも「営業」とは何のことでしょうか。それは、自分の会社が作り出した商品やサービスをお客さまに販売する仕事です。直接お客さまに会ったり、時には電話なども駆使して、お客様にアプローチしていき自分の会社の商品やサービスをアピールしていきます。その際にはお客さまのニーズを調べるなどして、いかに自社の商品・サービスがニーズに適しているのかをお客さまにプレゼンして、魅力を伝えます。いわば「営業」とは、自社とお客さまを繋ぐ役割を果たします。

「営業代行」とは?そして依頼する利点とは

上記をふまえると「営業代行」とは、自分の会社の商品やサービスをお客さまに販売していく仕事を、その会社に代わって行う仕事のことを指します。営業代行を依頼する利点としては、営業に関係するコストの削減や、社内での人材不足を補うことができる、または営業が成功すれば新規顧客を開拓できるというようなことが挙げられます。いずれの利点にせよ、自社の売り上げを伸ばしていきたいと考える会社にとっては、ひとつの選択肢として存在する仕事です。

「営業代行」を依頼する前に気を付けたいこととは

もちろん「営業代行」を依頼することに対して、依頼した会社側にまったく危険が伴わないというわけではありません。まず第一に挙げられるのは、営業に失敗することです。どれほどお客さまのニーズに適していることをアピールしても、お客さまがお気に召さなかったなどの何らかの事情により、自社の商品・サービスを販売することができないことが考えられます。第二に挙げられるのが、お客さまと契約を結ぶことに成功した際に、多額の報酬を求める営業代行の会社もあるということです。営業が成功してから突然高額な報酬を求められたということが無いように、事前に契約内容を確認しておくことが大切です。

営業代行は効率的に自社の商品の魅力を伝えてくれるので売り上げを伸ばせずに悩んでいる場合には最適です。アポイントメントを取るだけでなく商談を成功させる為のサポートを実施するので確実な効果を得られて素晴らしいです。