進化する貸倉庫!あなたの用途に応じた上手な活用法

用途に応じた様々な貸倉庫

個人の方のための貸倉庫というと、トランクルームやコンテナ倉庫が一般的です。家に入りきらない本や、趣味の道具をしまう上ではとても便利です。現在では、用途に応じて様々な貸倉庫の形態が提案されるようになり、バイクをしまうことを前提に作られた倉庫や、ランニングや、農業のため、趣味の施設の隣に用意された倉庫やロッカー、送付して預けた後、必要な分だけを指定した場所へ送ってくれる倉庫など、サービスの形態も広がっています。

バイク専用の倉庫とは

バイクはあまり場所を取りませんが、最近では盗難の被害が心配だったり、自宅やマンションではメインテナンスまではできない等の理由から、倉庫を利用する方が増えてきていました。今では、バイク専用の倉庫もあり、バイクの形状に合わせた縦横のサイズが設定され、入り口部分の段差を避けるためのスロープが用意され、盗難に強いよう、シャッターの鍵はディンプルキーが用意され、倉庫自体をボルトにより固定をしているといったカスタマイズがされています。また、メインテナンスを考え、室内に吊り下げようのチェーンを固定できるアイボルトを設置するなど様々な工夫がされています。

宅配してくれる倉庫とは

たとえば、ゴルフ道具などをコースに送ってしまう人などは、プレーが終わったら、自宅にゴルフ道具を持って帰る必要はありません。また、捨てるわけにはいかないけれど、めったに読まない本等を自宅に置いておくのも大変というケースもあります。そんな方のために、最近では、荷物を倉庫に保管して、必要なものを必要な場所に送ってくれるサービス付の倉庫も現れています。こういった倉庫の場合、地方にあったりするため、管理費が安く、また、コンテナ倉庫等と違い、預かった料に応じた料金設定がされている場合が多いため、便利に利用できます。調べると様々なサービス形態がありますので、利用方法に合わせて上手にチョイスして便利に活用したいものです。

倉庫は窓が無い造りが多く、日光や風が入り込まないことから湿気や汚れが溜まりやすくなります。そのまま放置するとカビや害虫が繁殖することがあるので、荷物の品質を保つためにこまめに掃除を行う必要があります。