意外な場面で役立つ!レンタル倉庫の個人での使い方

スペースを貸す賃貸業の広まり

物について豊かとなった今日においては家具や家電、生活雑貨などを豊かに持つ家庭が増えてきました。一方で、人口が増えているにもかかわらず日本の面積は狭いことから人口密度が高まる一方であり、物が多くて家が狭いという状況になってしまう状況に直面することもあるでしょう。そういった状況を受けて様々な形でスペースを貸す賃貸業が盛んに行われるようになってきました。個人で物置を持つことが適わずとも借りて利用することができる世の中になっているのです。

貸しスペースとして最も大きなレンタル倉庫

貸しスペースの業態として最も大きなスペースを借りることができるのがレンタル倉庫であり、もともとは業者向けのサービスとして提供されてきました。しかし、最近では大型の倉庫の内部を区画で区切って個人にも貸し出されることが見られるようになってきています。大きな物を大量に収納しやすいことから、引越しの際のように大型の家具を一時的に保管したいというときや個人営業で在庫管理を行いたいというときに重宝されるサービスとなっています。

レンタル倉庫のメリットとデメリット

レンタル倉庫のメリットは広い空間を安価に借りることができるという点です。その需要の高騰によって契約期間や料金設定も使いやすいようになってきています。一方、デメリットとなるのがセキュリティーです。倉庫自体に鍵はかかっても、その倉庫を共有することになることが多いため、他の利用者達から守る手だてを自分で手配しなければならないのです。ネットとワイヤーをつけて管理をする等、適切な措置をとらなければないことが手間のかかる点となっています。

3PLとは、荷主企業の代わりに、最も効率的な物流システムや戦略を考えて、一括で仕事を行うことです。荷主でも運送業者でもない第3者が介入することでコスト削減などを実現します。